その向こうに可能性があります。

アントワープ

アントワープ

アントワープは、活気のある比較的小さな都市で、誰もが楽しめる町です。印象的な建築や素敵な博物館に恵まれたアントワープは、インスピレーションを与える文化の源です。世界中に知られているアントワープのファッションデザイナーは、ショッピングに目がある人をスタイリッシュなデザインで魅了します。さらに、様々居心地のよいカフェやレストランではグルメが楽しめます。アントワープで見逃してはならないのがMAS美術館、世界的に有名な聖母大聖堂そしてアントワープ出身の有名な画家ルーベンスの家です.
続きを読む
Sonoma County, California

Sonoma County, California

425 を超えるワイナリー、起伏に富んだ雄大な海岸線、高く聳えるレッドウッドの森。ゴールデンゲートブリッジから至近の絶好のロケーションを誇るカリフォルニア州ソノマ郡は、数々の魅力に溢れるドリームデスティネーションです。 郡内には 50 か所以上の自然公園があり、 カヤックやカヌーの川下りなど、アウトドアの楽しみ方もいっぱい。 カリフォルニアの州道 1 号線 からは、ダイナミックな波濤やアシカの群れ、息を呑むような美しいサンセットを見ることができます。
続きを読む
ワルシャ

ワルシャ

ポーランドの首都には、あなたが望むもののすべてがあります:面白い歴史、沢山のイベント、魅惑的なナイトライフ、ミシェランの星を持つレストランと溢れる緑。艶やかな旧市街を見学し、「王の道(トラクト・クルレフスキ)」を歩きましょう。インタラクティブ博物館で街の歴史を発掘しましょう。熱狂的なイブニングをヴィスワ川の川沿で過ごし、ショパン・コンサートをワジェンキ公園で聴きましょう。 ワルシャワは疑いなくヨーロッパ観光地図の必見です。
続きを読む
Dark Mofo

Dark Mofo

Dark Mofo has a curious pull, with people coming even when they’re not sure how the art, music and food will be delivered. That’s because Dark Mofo keeps its cards close and it fails to disappoint time and again.
続きを読む
ブルーマウンテンズ

ブルーマウンテンズ

ブルー・マウンテンズの名前は、この世界遺産地区の広大なユーカリの森が生み出す天然の青い霞に由来しています。 木からこぼれ落ちる小さなオイルが、水蒸気と日光と混じり、鮮やかな色彩を放ちます。 新鮮な山の空気と、美しい風景、魅力的な村々、世界最古の洞窟群、そしてスリル満点の冒険を、シドニー近郊のブルー・マウンテンズで満喫してください。 マウント・トマーのブルー・マウンテンズ植物園 (Blue Mountains Botanic Garden) では、恐竜の木も見ることができます。 これは、オーストラリアならではの大自然の不思議です。
続きを読む
ヘント

ヘント

ゲント(Ghent)は、過去と現在が完璧に調和したコンパクトな歴史ある街です。街を歩きまわるだけでさまざまな時代にタイムスリップできます。そして街角を曲がるだけで14世紀から21世紀へ一気に戻れるのです。ゲントはまた、音楽、演劇、映画、美術が盛んな若々しい活気ある文化都市でもあります。フランダース州の中心に位置するため、周辺の街にあるフランドル美術を鑑賞する際の基地としても理想的です。1つ星から4つ星のフルサービスホテルからB&Bまで、さまざまな宿泊施設を予算に応じて選ぶことができます。ゲントは、いつでも心から皆様を歓迎します。
続きを読む
ハンターバレー

ハンターバレー

オーストラリア最古のワイン産地は、美しい土地でもあります。 ハンター・バレー (Hunter Valley) では、上質のワインやグルメ料理を味わったり、美しい宿泊施設でくつろいだり、楽しいイベントに参加したりと、心ゆくまで休暇を満喫できます。 オーストラリアで最も訪問者の多いワイン生産地であり、トップクラスのワイナリー、ヴィンヤード、セラー・ドアの数は 150 にのぼります。 ワイン・テイスティングを楽しむにしても、デイ・スパでくつろぐにしても、選手権クラスのゴルフ・コースでティー・オフするにしても、Hunter Valley の温かいおもてなしを思う存分に堪能してください。
続きを読む
Shopping in Antwerp: Historic centre
アントワープ, ベルギー王国

Shopping in Antwerp: Historic centre

Shopping in Antwerp: historic centre area
続きを読む
シドニー

シドニー

シドニーは、オーストラリアで最も有名な都市で、壮麗なシドニー・オペラハウス、鉄のアーチが印象的なシドニー・ハーバーブリッジ、光り輝く水路とボンダイ・ビーチの白い砂浜がお迎えします。 そんな華やかな表情の下には、見どころが幾重にも折り重なっています。 この美しいコスモポリタンな街は、多様な文化と遺産、そして芸術とスポーツに対する情熱にあふれています。 穏やかな気候のシドニーは年間を通して快適で、フレンドリーでカジュアルな雰囲気を持つ、何度も訪れたくなる街です。
続きを読む
Shopping in Antwerp: Meir
アントワープ, ベルギー王国

Shopping in Antwerp: Meir

Shopping in Antwerp: Meir area
続きを読む
コペルニクス科学センターとプラネタリウム「ザ・ヘヴンズ・オブ・コペルニクス」
ワルシャ, ポーランド共和国

コペルニクス科学センターとプラネタリウム「ザ・ヘヴンズ・オブ・コペルニクス」

コペルニクス科学センターは科学マニアの楽園と言えます。自分で実験を試み、ニール・アームストロングが月の上に一歩を記した時の気持ちを味わってみましょう。「人間はどうして恐れを感じるか」など、五感の秘密を学びましょう。プラネタリウム「ザ・ヘヴンズ・オブ・コペルニクス」と「ロボット劇場」で他に類例を見ないショーを楽しみ、見学後は「探検家の庭園」の芝生の上で心地良く横になりましょう。お子様だけでなく、大人もまた楽しめます。
続きを読む
ブリュージュ

ブリュージュ

人の五感すべてを刺激し身体がぞくぞくするような場所は稀だと言って良いでしょう。ここはまさに心の琴線をかき鳴らすような場所ですが、その秘密を完全には解き明かせません。ブルージュはそのような独特のところです。文化的、芸術的で、国際的ながらあからさまにバーガンディ風、神秘的かつ中世的でありユネスコが世界遺産として推挙しています。ブルージュの路地、絵のような運河、緑の木々に囲まれる城砦跡に沿って散策するとだれもがこの街の優雅な神秘性の虜にならないではおられません。
続きを読む
バイロンベイ

バイロンベイ

世界遺産の緑豊かな内陸部から海岸の光り輝くビーチまで、このバイロン・ベイ・エリアにはニュー・サウス・ウェールズ北部の海岸の大自然の驚きに満ちています。 原住民はアボリジニーのアラクワル人で、バイロン・ベイを「Cavvanbah (ミーティング プレース)」と呼んでいます。 このエリアはサーフィン、オールタナティブ哲学、有機食品、アウトドア アドベンチャーのカルチャーでも有名です。 バイロン・ベイの大自然の魅力は尽きることがありません。ザトウクジラが岬の彼方を泳ぎ、イルカたちが湾内で戯れ、熱帯雨が山に虹をかけ、上昇気流に乗ってハンググライダーが灯台の上を飛んでいます。 ここはあらゆる階層の人々が集う場所で、バイロン・ベイの活力の源となっています。
続きを読む
ヴィラヌフ
ワルシャ, ポーランド共和国

ヴィラヌフ

ヴィラヌフ宮殿はワルシャワの一番有名なバロック様式の遺産です。ヤン三世・ウィーンでオスマン帝国を打ち負かした王の気分になりましょう。彼は愛しい王妃・マリシェンカと一緒にそこに暮らしました。公園と宮殿内を歩いて、肖像画ギャラリーを見て、偉大な愛のお話を聞きましょう。宮殿と庭園はポーランド分割、戦争と占拠にも拘わらず昔ながらの形で残されております。ヴィラヌフはワルシャワの必見です。冬は数千のフエアリーライトに照らされ「光のロイヤル・ガーデン」へと進化します
続きを読む
ブリッジクライム / BridgeClimb
シドニー, オーストラリア

ブリッジクライム / BridgeClimb

シドニーで一番エキサイティングな体験といえば、シドニー・ハーバーブリッジの頂上に登るツアー、ブリッジクライム。 134 m の高さから眼下に広がる絶景は、他では味わうことができません。 シドニー・ハーバーに架かるこの橋は、世界最大級の鉄のアーチ橋で、市街と港、水路が織りなす素晴らしいパノラマビューが楽しめます。
続きを読む
Museum Vleeshuis
アントワープ, ベルギー王国

Museum Vleeshuis

Museum Vleeshuis(ヴレースハウス博物館)は、600年間のアントワープにおける音と音楽を物語っています。ストリートミュージシャン、トランペットやカリヨン奏者の感動的な歴史を発見してみてください。アントワープオペラ、楽器作り、家庭音楽とダンスは幅広く説明されています。古典的な楽器博物館ではなく、音楽の背後にある世界への鮮やかな旅が期待できます!
続きを読む
レッド・スター・ライン
アントワープ, ベルギー王国

レッド・スター・ライン

レッドスター・ラインという船会社は、1873年から1935年にかけて、アントワープからアメリカやカナダへおよそ300万人を運びました。レッドスター・ライン社の建物は、今も残っています。同社の古い倉庫は現在、記念館と博物館に改装中です。移民について、新しい見方で過去を振り返ることができる場所となるでしょう。博物館は、2013年9月にオープンします。
続きを読む
地図で表示