著作者 Hugh Stewart/Destination NSW for the Hunter Valley
ブローク (Broke)

ブローク (Broke)

1824 年にはブロークに定住者がいた記録があり、ブロークは後に畜牛をハンターからシドニーに陸路で運ぶルートの重要な拠点となりました。 酪農業、オレンジの生産、そして市場向け野菜栽培も、この町の初期の発展に貢献しています。 現在、この村は主要なワインの生産地となり、セミヨン、シラーズ、シャルドネ、ヴェルデーリョなどのまろやかで独特なワインを生産しており、サンジョヴェーゼ、バルベラ、ドルチェットなどのイタリアの品種も手掛けています。
続きを読む
セスノック (Cessnock)

セスノック (Cessnock)

セスノックは、シドニーとハンター・バレーをつなぐ道沿いに私有の村として開発されました。この道は 3,000 人の囚人が機械を使わずに造り、現在は囚人トレイル (The Convict Trail) と呼ばれています。 元々は旅行者のためのサービスの中心地でしたが、19 世紀から 20 世紀にかけて、主要な鉱業の中心地となりました。現在は、ワインと観光が主要な産業です。
続きを読む
ダンゴッグ (Dungog)

ダンゴッグ (Dungog)

ダンゴッグは、壮大な丘陵地帯が広がる田園地方の町であり、国立公園や政府指定の森林に囲まれています。 この町の目抜き通りは、都市保全区域です。 この通りの歴史的な建物には、植民地時代の有名な建築家、エドムンド・ブラケット (Edmund Blacket) によって 1843 年に建てられた学校などがあります。ブラケットは、シドニーのシドニー大学 (University of Sydney) とセント・アンドリュース大聖堂 (St Andrew's Cathedral) も設計しています。 ダンゴッグ・シネマ (Dungog Cinema) は、オーストラリア最古の現役特設映画館であり、スペイン伝道団様式のファサードで有名です。
続きを読む
ラブデイル (Lovedale)

ラブデイル (Lovedale)

主要なワイン生産地であるラブデイルの歴史は、地域の小麦や一般農産物を生産する農家がブドウの生産に切り替えた 1800 年代初頭にさかぼります。 ラブデイルという名前は、この地域に初期に定住したラブ (Love) 家の名前と、イングランドのヨークシャー・デールズ (Yorkshire Dales) にちなんで付けられました。 ウィルダネス・ロード (Wilderness Road) にたたずむ歴史的なセント・ポールズ・ロスベリー (St Paul’s Rothbury) 墓地には、有名なワインメーカー一族の名前が刻印された墓が多数あります。
続きを読む
メイトランド (Maitland)

メイトランド (Maitland)

メイトランドは、美しい田園地帯に囲まれた、活発なビジネスの中心地です。 豊かな文化遺産が、初期植民地時代にさかのぼる建築様式によく表れています。 メートランド・リージョナル・アート・ギャラリー (Maitland Regional Art Gallery) やナショナル・トラスト・プロパティ・グロスマン・ハウス (National Trust Property Grossmann House) では、メイトランドの文化を体感できます。
続きを読む
モーペス (Morpeth)

モーペス (Morpeth)

1820 年代に設立されたこの町は、その後 10 年間に渡って河港として発展し、内陸部の重要な交易所になりました。 モーペスの河港としての役割は 1890 年頃に終焉を迎えましたが、比較的孤立した位置にあるため、その歴史的な商店、埠頭、そして目抜き通りの "つなぎ柱" までもが昔のままの姿をとどめており、現在はナショナル・トラストに認定されています。 19 世紀のオーストラリアを体験できる生きた博物館のような町ですが、現代的なレストランや高級ギフトショップ、特産工芸品店などもあります。
続きを読む
パターソン (Paterson)

パターソン (Paterson)

この絵に描いたような小さい村は、背景に山地が広がるパターソン川 (Paterson River) 沿いの村です。 かつてはにぎやかな河港でしたが、現在は快適な宿泊施設や伝統的な田園地方独特のパブ、のどかなピクニック広場などの憩いの場を提供する静養地になっています。 トーカル・ホームステッド (Tocal Homestead)、パターソン裁判所歴史博物館 (Paterson Historical Court House Museum)、パターソン鉄道博物館 (Paterson Rail Motor Museum) では、この村の歴史に触れることができます。
続きを読む
ポコルビン (Pokolbin)

ポコルビン (Pokolbin)

ポコルビンは、周囲のヴィンヤードから富を築きました。 この地域にブドウが初めて植えられたのは 1870 年代で、1970 年代まで比較的ゆっくりまばらに発展しましたが、1970 年代以降、ローワー・ハンター (Lower Hunter) での盛んな活動により、オーストラリアは主要なワイン生産国として認められるようになりました。 この町から曲がりくねる田園道を進むと、老舗のリンダマンズ (Lindeman's)、ティレルズ (Tyrrell's)、タロック (Tulloch)、レイクス・フォリー (Lake’s Folly) をはじめ、新しい高級銘柄のブロークンウッド (Brokenwood) やビンバジェン (Bimbadgen) などのこの地方で最も有名なワイナリーにたどりつきます。
続きを読む
スコーン (Scone)

スコーン (Scone)

スコーンは、風光明媚なアッパー・ハンター (Upper Hunter) にある魅力的な村です。 オーストラリアの馬の都として知られており、馬が放牧されています。 世界で 2 番目に大きな馬の放牧の町です。 スコーン・アンド・アッパー・ハンター・ホース・フェスティバル (Scone and Upper Hunter Horse Festival) とエミレーツ・パーク・スコーン・カップ・カーニバル (Emirates Park Scone Cup Carnival) は、馬愛好者には興味深いイベントです。
続きを読む
シングルトン (Singleton)

シングルトン (Singleton)

シングルトンは歴史的なハンター・バレーの町で、田舎風のもてなしと自然をベースにしたアクティビティ、それに素晴らしい宿泊施設と料理やワインが揃っています。 観光情報案内所にある Heritage Walk のパンフレットを参考にして、この町の歴史地区を探索してください。 美しいセント・クレア湖 (Lake St Clair) では、釣やスイミングからキャンプ、ウォータースキーやセーリングなど、さまざまな屋外アクティビティを楽しくことができます。
続きを読む
ウォロンバイ (Wollombi)

ウォロンバイ (Wollombi)

ウォロンバイは、19 世紀初頭から現在にいたるまで、グレート・ノース・ロード (Great North Road) を旅する人々にとって重要な役割を果たしてきました。 今日この町では、カフェやワイナリー、趣のある建築遺産を継承した快適なゲストハウスが存在します。 国立公園の近くはハイキングに最適で、アボリジニーが岩に彫った文字が良好に保存されています。
続きを読む
ハンター・バレーの町と村を地図で表示