最高のトラベルガイド ブリュージュ
Provided by: Visit Bruges / Jan D'Hondt

グル-ニング美術館

グルーニング美術館では、世界的に知られる初期フランドル派に焦点を当てたベルギー・ビジュアルアートの歴史が学べます。この美術館では、ヤン・ファン・エイク作ファン・デル・パーレの聖母子やハンス・メムリンク作モレール・トリプティックをはじめとする名作の数々が鑑賞できます。また、18、19世紀のネオクラシカル様式の製品、フランドル印象派や戦後モダンアートの素晴らしさは驚嘆に値します。
Read more

聖ヨハネ病院

聖ヨハネ施療院には、巡礼者、旅行者、貧困生活者や病人の手当てをしてきた800年の歴史が刻まれています。教会やチャペルはもちろん、修道女や修道士らが献身的に働いた中世の病棟を訪ね、古い文献、芸術作品、医療器具やハンス・メムリングの6点の絵画といった素晴らしいコレクションを堪能してください。また以下も一見の価値があります:ディスクムードの屋根裏、古い寮、管理人室、隣接の薬局。
Read more

鐘楼

ブルージュタワーの最も重要な点は、高さが83メートルもあるということです。とりわけ、47個の鐘を持つカリヨンが設置されています。受付エリアでは、このユニークな世界遺産である鐘楼の歴史と機能に関する様々な情報を入手することができます。塔に登る人は、途中にある古い宝庫で休憩をすることができます。そこには、町の公文書、印章や公債が中世の時代に保管されていました。見事な時計台のある階やカリヨン奏者の部屋を見学することもできます。最後に、366段の階段を昇って頂上に到達すると、ブルージュとその郊外の息をのむほど素晴らしく忘れ難い景色が目の前に広がっています。
Read more

市庁舎

ブルージュの市庁舎(1376年建造)は、ネーデルラントで最も古い市庁舎のひとつです。この市庁舎から、600年以上もの間、町は統治されてきました。この市庁舎の最高傑作は、まぎれもなく、19世紀後半の壁画と多彩なアーチ形天井があるゴシックの間です。隣接する歴史的な部屋では、古文献の原本や文化遺物が、何世紀にもわたる町の行政の歴史を呼びさまします。 1階には、ブルグ広場と市庁舎の構造開発の過程が描かれています。結婚式開催時はゴシックホールと歴史の間は一般公開されません。
Read more

聖母教会

聖母教会の高さが115,5メートルもあるレンガ造りの塔は、ブルージュの職人の職人魂を見事に物語っています。この教会には、貴重な美術コレクションが展示されています。ミケランジェロの世界的に有名な「聖母子像」、数え切れないほどの絵画、13世紀に彩色された墳墓、メアリ・オブ・バーガンディやブルゴーニュ公国「突撃公」シャルルの墓などです。 知って得する:只今、大規模な改修工事が行われています。このため、一般公開されているのは教会の一部のみで、多くの美術品が鑑賞できなくなっています。聖歌隊席は2015年に改修され、現在は再び、見事な教会の内装を鑑賞することができるようになりました。
Read more

グルートフーズ博物館

2019年の春(予定)には、壮大な栄光を反映したグルートフーズの名家の豪華な宮殿を再びご覧いただけます。 改修工事と改装を終えた博物館を訪れる時、ブルージュとブルージュの町に特別な魅力を与えている何かを発見するでしょう。物語の筋道は、19世紀に現在の外観になったブルゴーニュ公爵の宮殿そのものです。タペストリー、レース、彫刻、家具、銀器の豪華なグルートフーズ・コレクションが重要な役割を果たしています。
Read more

ベギン会修道院

白く塗装された家のファサードと静かな修道院庭園がある「ベギン会王侯修道院テン・ウェインハールデ」は1245年に設立されました。この小さな世界遺産はかつて、伝統から解放された一般女性でありながら敬虔で独身を貫く修道女らの住居でした。今日、修道院には聖ベネディクト会の修道女たちが暮らしています。小さな修道女の家では今でも、17世紀の日常生活を垣間みることができます。注:入場門は、午後6時30分に閉鎖されます。修道院には現在、聖ベネディクト騎士団の尼僧と未婚を通すことを決めたブルージュの女性が住んでいます。修道院では今でも、17世紀の日常生活を垣間見ることができます。
Read more

聖サルバトーレ大聖堂

ブルージュ最古の教区教会(12‐15世紀)には、オルガン、中世の墓、ブリュッセルのタペストリーやフランドル派絵画の見事なコレクション(14‐18世紀)が展示されています。宝の間には、ディルク・ボウツ、フーゴー・ファン・デル・グースやその他の初期フランドル派の絵画が展示されています。お役立ち情報:大聖堂では現在、改修工事が行われています。これにより、宝の間の開館時間に影響する可能性があります。
Read more

聖マグダレーナ協会

19世紀半ばに建てられた聖マグダレーナ教会は、ヨーロッパ本土で最も初期のネオ・ゴシック様式の教会の一つです。英国で流行していたこの建築様式は、英国の移民によってブルージュにもたらされ、ブルージュの街にはネオ・ゴシック様式の建築が早期に建てられることとなりました。教会内では、現代社会におけるキリスト教の伝統の意味を探求する組織であるYOTも在籍しています。
Read more

聖ジャイルズ教会

この教会は、時計台のある町で唯一の教会で、ここには多くのブルージュ出身の偉大な芸術家が埋葬されています。ハンス・メムリング、ランスロート・ブロンデールとピーター・プルビュスも埋葬されています。この教会は13世紀に建てられましたが、15世紀に大部分が再建されました。外観はブリック・ゴシック様式の見本ですが、内装はより洗練された19世紀ネオゴシック様式となっています。
Read more

聖ワルブルガ教会

1619年、ブリュージュの平修道士Pieter Huyssensは、イエズス会の価値観と信念を表明した威厳ある教会を建設するよう依頼されました。その結果、ブリュージュに生粋のバロック様式で最も豪華に装飾された聖ワルブルク教会が完成しました。ダイナミックなファサード、数多くのインテリア建築のディテール、精巧に装飾された教会家具を是非ご観覧下さい。
Read more

Concertgebouw Circuit (コンサートホール)

Concertgebouw Circuit(コンセルトヘボウのツアー)のオリジナルの体験ルートは、発見の航海へといざないます。コンサートホールの仕組みについて触れ、その優れた音響には驚くことでしょう。近代建築や現代美術コレクションを堪能し、サウンドアートを自分で試してみて下さい。おまけは7階にある屋上テラスで、そこからは壮大な街の景色を眺めることができます。
Read more

アドルネスの屋敷 – エルサレム教会

アドルネスの敷地は、15世紀のエルサレム教会(この裕福な商家によって建てられた中世建築の宝石)、アドルネス邸そして隣接する養老院の一群で構成されています。新しいマルチメディア博物館では、アンセルム・アドルネスの足跡を辿り、彼が過ごした世界について学ぶことができます。巡礼に赴いたり、馬上槍の試合に参加したり、スコットランド王、グルートフーズ卿、ブルゴーニュ公爵といった当時の著名人に会えます。
Read more
地図で表示