著作者 Warsaw Tourist Office
ワルシャワ動物園

ワルシャワ動物園

ワルシャワ動物園に行けば、あなたもあなたのお子さんも退屈することはありません。そこでは数百種類の動物が生きており、像、麒麟、マーモセットと毒蛇もいますよ。ゴリラの家族の快適な宮殿とカバの為の現代的な水場も見ることが出来ます。もし皆様が歴史愛好家ならば、ジャビンスキーの邸宅を訪問することも良いでしょう。この邸の地下室では、第二次世界大戦中、動物園の園長アントニ・ジャビンスキーは助けを求める人々を匿いましたが、その中には多くのユダヤ人がいました。彼らユダヤ人はゲットーを脱出してきた人々でした。
続きを読む
ネオン博物館

ネオン博物館

この博物館はヨーロッパでも大変珍しい博物館です。産業遺産建築のソホ・ファクトリー(Soho Factory)の中にあり、ネオンはここで第二の人生を獲得したのです。共産主義時代のワルシャワで人気のあったネオン広告はやがて放棄されてしまいました。この博物館は、ネオンの昔の栄光を取り戻し、皆様に比類のないデザインと望郷をかきたててくれるでしょう。
続きを読む
PGE国立競技場

PGE国立競技場

ポーランドの最大でもっとも現代的なスタジアムを見学しましょう。そこではスポーツの試合だけでなく、世界的な芸能人のコンサート、国際会議、博覧会など、他の大きなイベントも開かれます。冬季、競技場はポーランド最大の「冬の町」へと進化し、そこにはスケートリンク、氷の丘、カーリングトラックと首都最大の屋内スケートパークが利用できます。
続きを読む
スカリシェフスキ公園

スカリシェフスキ公園

数時間をかけた観光の後は、ワルシャワのもっとも美しい公園の一つで休息をとるのも良いでしょう。そこでは初春から晩秋にかけて赤リスと多くの鳥の棲処である二万種の灌木を鑑賞することができます。この公園はヴィスラ河の昔の川床の上にあるのです。公園の小道と、そこに並ぶ美しい彫刻がこの場所の魅力を一層引き立ています。
続きを読む
共産主義の魅力博物館

共産主義の魅力博物館

タイムマシンに乗る準備をしましょう!この不思議な博物館には典型的なアパート、伝説の「商品の無い店」、ソーダ・ファウンテンや、共産党の中央委員会の事務所など、共産主義時代の形見を見ることができます。有名な労働組合・ソリダルノシチについての展示もあります。この博物館の所在地にも意味があります。社会主義リアリズム様式の50年代のこの建物には、昔ポーランド光学産業工場があったのです。
続きを読む
プラガを地図で表示