その向こうに可能性があります。

ドバイ

ドバイ

小さな村から国際都市へ かつて小さな漁村であったドバイ。現在では世界でも有数の国際的かつ革新的な都市へと変貌を遂げました。 紀元前 3000 年まで歴史を遡り、1960 年代後半に石油が発見されるまで、ドバイは、漁業、真珠の採取、造船、海上貿易が主な産業でした。 1971 年、ドバイは近隣の首長国と共にアラブ首長国連邦を形成し、地域の繁栄を維持しています。
続きを読む
シドニー

シドニー

シドニーは、オーストラリアで最も有名な都市で、壮麗なシドニー・オペラハウス、鉄のアーチが印象的なシドニー・ハーバーブリッジ、光り輝く水路とボンダイ・ビーチの白い砂浜がお迎えします。 そんな華やかな表情の下には、見どころが幾重にも折り重なっています。 この美しいコスモポリタンな街は、多様な文化と遺産、そして芸術とスポーツに対する情熱にあふれています。 穏やかな気候のシドニーは年間を通して快適で、フレンドリーでカジュアルな雰囲気を持つ、何度も訪れたくなる街です。
続きを読む
ワルシャ

ワルシャ

ポーランドの首都には、あなたが望むもののすべてがあります:面白い歴史、沢山のイベント、魅惑的なナイトライフ、ミシェランの星を持つレストランと溢れる緑。艶やかな旧市街を見学し、「王の道(トラクト・クルレフスキ)」を歩きましょう。インタラクティブ博物館で街の歴史を発掘しましょう。熱狂的なイブニングをヴィスワ川の川沿で過ごし、ショパン・コンサートをワジェンキ公園で聴きましょう。 ワルシャワは疑いなくヨーロッパ観光地図の必見です。
続きを読む
extrait film  2020 MRCYZK ET MORIZEAU

extrait film 2020 MRCYZK ET MORIZEAU

extrait film 2020 MRCYZK ET MORIZEAU
続きを読む
バイロンベイ

バイロンベイ

世界遺産の緑豊かな内陸部から海岸の光り輝くビーチまで、このバイロン・ベイ・エリアにはニュー・サウス・ウェールズ北部の海岸の大自然の驚きに満ちています。 原住民はアボリジニーのアラクワル人で、バイロン・ベイを「Cavvanbah (ミーティング プレース)」と呼んでいます。 このエリアはサーフィン、オールタナティブ哲学、有機食品、アウトドア アドベンチャーのカルチャーでも有名です。 バイロン・ベイの大自然の魅力は尽きることがありません。ザトウクジラが岬の彼方を泳ぎ、イルカたちが湾内で戯れ、熱帯雨が山に虹をかけ、上昇気流に乗ってハンググライダーが灯台の上を飛んでいます。 ここはあらゆる階層の人々が集う場所で、バイロン・ベイの活力の源となっています。
続きを読む
アントワープ

アントワープ

アントワープは、活気のある比較的小さな都市で、誰もが楽しめる町です。印象的な建築や素敵な博物館に恵まれたアントワープは、インスピレーションを与える文化の源です。世界中に知られているアントワープのファッションデザイナーは、ショッピングに目がある人をスタイリッシュなデザインで魅了します。さらに、様々居心地のよいカフェやレストランではグルメが楽しめます。アントワープで見逃してはならないのがMAS美術館、世界的に有名な聖母大聖堂そしてアントワープ出身の有名な画家ルーベンスの家です.
続きを読む
VisitBrabant - Het Noordbrabants Museum

VisitBrabant - Het Noordbrabants Museum

Het Noordbrabants Museum collects art and other objects which are related to the art, history and culture of North Brabant and the Southern Netherlands. The museum collection contains more than 30,000 objects, such as paintings, prints, drawings, textile, coins and medals, glass, silver, craft work and archaeological and typical objects from Brabant.
続きを読む
ヘント

ヘント

ゲント(Ghent)は、過去と現在が完璧に調和したコンパクトな歴史ある街です。街を歩きまわるだけでさまざまな時代にタイムスリップできます。そして街角を曲がるだけで14世紀から21世紀へ一気に戻れるのです。ゲントはまた、音楽、演劇、映画、美術が盛んな若々しい活気ある文化都市でもあります。フランダース州の中心に位置するため、周辺の街にあるフランドル美術を鑑賞する際の基地としても理想的です。1つ星から4つ星のフルサービスホテルからB&Bまで、さまざまな宿泊施設を予算に応じて選ぶことができます。ゲントは、いつでも心から皆様を歓迎します。
続きを読む
Places4You

Places4You

presentation of special places - insider tips from Heidelberg residents for visitors
続きを読む
ハンターバレー

ハンターバレー

オーストラリア最古のワイン産地は、美しい土地でもあります。 ハンター・バレー (Hunter Valley) では、上質のワインやグルメ料理を味わったり、美しい宿泊施設でくつろいだり、楽しいイベントに参加したりと、心ゆくまで休暇を満喫できます。 オーストラリアで最も訪問者の多いワイン生産地であり、トップクラスのワイナリー、ヴィンヤード、セラー・ドアの数は 150 にのぼります。 ワイン・テイスティングを楽しむにしても、デイ・スパでくつろぐにしても、選手権クラスのゴルフ・コースでティー・オフするにしても、Hunter Valley の温かいおもてなしを思う存分に堪能してください。
続きを読む
ブルージュ

ブルージュ

人の五感すべてを刺激し身体がぞくぞくするような場所は稀だと言って良いでしょう。ここはまさに心の琴線をかき鳴らすような場所ですが、その秘密を完全には解き明かせません。ブルージュはそのような独特のところです。文化的、芸術的で、国際的ながらあからさまにバーガンディ風、神秘的かつ中世的でありユネスコが世界遺産として推挙しています。ブルージュの路地、絵のような運河、緑の木々に囲まれる城砦跡に沿って散策するとだれもがこの街の優雅な神秘性の虜にならないではおられません。
続きを読む
ブルーウォーター ズ アイランド
ドバイ, アラブ首長国連邦

ブルーウォーター ズ アイランド

日光浴を楽しめるブルーウォーターズ アイランド。この人工島には、ショッピング、グルメ、エンターテインメントの施設が揃っています。 見どころは、おしゃれなライフスタイル地区のザ ワーフ、豪華なカバナが並びプライベート感溢れるコーヴ ビーチ クラブ、そして世界一の大きさとなる観覧車エイン ドバイなど。 世界で 2 番目のシーザーズ パレスであるシーザーズ パレス ブルーウォーターズ ドバイもあります。輝くばかりの屋外スイミングプールに加え、ゴードン・ラムゼイのヘルズ キッチンなどの高級レストランがあり、おもてなしにも定評があります。
続きを読む
ブルーマウンテンズ

ブルーマウンテンズ

ブルー・マウンテンズの名前は、この世界遺産地区の広大なユーカリの森が生み出す天然の青い霞に由来しています。 木からこぼれ落ちる小さなオイルが、水蒸気と日光と混じり、鮮やかな色彩を放ちます。 新鮮な山の空気と、美しい風景、魅力的な村々、世界最古の洞窟群、そしてスリル満点の冒険を、シドニー近郊のブルー・マウンテンズで満喫してください。 マウント・トマーのブルー・マウンテンズ植物園 (Blue Mountains Botanic Garden) では、恐竜の木も見ることができます。 これは、オーストラリアならではの大自然の不思議です。
続きを読む
ワルシャワ国立美術館
ワルシャ, ポーランド共和国

ワルシャワ国立美術館

美術館は古代から現代に亘る八十三万点の美術品を展示しております。そこでは素晴らしいアレクサンダー・ギェリムスキの「オレンジを売る女」(Pomarańczarka)やヤン・マテイコの壮大なな「グルンヴァルドの戦い」を含むポーランドと外国の美術を鑑賞できます。中世美術ギャラリーの比類なき彫刻とヨーロッパ最大のヌビア文化・美術遺産のコレクションをご覧ください。必ず特別展のカレンダーをチェックしましょう。
続きを読む
FOMU | Fotomuseum
アントワープ, ベルギー王国

FOMU | Fotomuseum

写真がお好きでか、または(アマチュア)写真家でしょうか? 是非FoMu(写真博物館)を訪れ、写真撮影の魅惑的な世界に没頭してください。博物館の常設展では写真の歴史を紹介し、特別展示会では、ベルギー人写真家や世界的に有名な写真家の作品を展示します。2013年には、Weegee(ウィージー)、Ruud Van Empel(リュート・ヴァン・エンペル)またRob Hornstra(ロブ・ホルンストラ)等の作品を鑑賞することができます。
続きを読む
ジュメイラ モスク
ドバイ, アラブ首長国連邦

ジュメイラ モスク

ドバイ随一の美しい名所であるジュメイラ モスク。中世のファーティマ朝の様式で全体が白い石で造られており、中央の大ドームの周りに 2 本の尖塔がそびえ立っています。 ドバイの文化を体験するには、近くのエティハド博物館と合わせてモスクを訪れるのがおすすめ。 イスラム教徒でない観光客は金曜日を除いて毎日見学できます。女性は見学時にスカーフの着用を求められます。
続きを読む
地図で表示