その向こうに可能性があります。

シドニー

シドニー

シドニーは、オーストラリアで最も有名な都市で、壮麗なシドニー・オペラハウス、鉄のアーチが印象的なシドニー・ハーバーブリッジ、光り輝く水路とボンダイ・ビーチの白い砂浜がお迎えします。 そんな華やかな表情の下には、見どころが幾重にも折り重なっています。 この美しいコスモポリタンな街は、多様な文化と遺産、そして芸術とスポーツに対する情熱にあふれています。 穏やかな気候のシドニーは年間を通して快適で、フレンドリーでカジュアルな雰囲気を持つ、何度も訪れたくなる街です。
続きを読む
ブルージュ

ブルージュ

人の五感すべてを刺激し身体がぞくぞくするような場所は稀だと言って良いでしょう。ここはまさに心の琴線をかき鳴らすような場所ですが、その秘密を完全には解き明かせません。ブルージュはそのような独特のところです。文化的、芸術的で、国際的ながらあからさまにバーガンディ風、神秘的かつ中世的でありユネスコが世界遺産として推挙しています。ブルージュの路地、絵のような運河、緑の木々に囲まれる城砦跡に沿って散策するとだれもがこの街の優雅な神秘性の虜にならないではおられません。
続きを読む
ヘント

ヘント

ゲント(Ghent)は、過去と現在が完璧に調和したコンパクトな歴史ある街です。街を歩きまわるだけでさまざまな時代にタイムスリップできます。そして街角を曲がるだけで14世紀から21世紀へ一気に戻れるのです。ゲントはまた、音楽、演劇、映画、美術が盛んな若々しい活気ある文化都市でもあります。フランダース州の中心に位置するため、周辺の街にあるフランドル美術を鑑賞する際の基地としても理想的です。1つ星から4つ星のフルサービスホテルからB&Bまで、さまざまな宿泊施設を予算に応じて選ぶことができます。ゲントは、いつでも心から皆様を歓迎します。
続きを読む
Places4You – Walderlebnispfad

Places4You – Walderlebnispfad

Walderlebnispfad
続きを読む
ワルシャ

ワルシャ

ポーランドの首都には、あなたが望むもののすべてがあります:面白い歴史、沢山のイベント、魅惑的なナイトライフ、ミシェランの星を持つレストランと溢れる緑。艶やかな旧市街を見学し、「王の道(トラクト・クルレフスキ)」を歩きましょう。インタラクティブ博物館で街の歴史を発掘しましょう。熱狂的なイブニングをヴィスワ川の川沿で過ごし、ショパン・コンサートをワジェンキ公園で聴きましょう。 ワルシャワは疑いなくヨーロッパ観光地図の必見です。
続きを読む
ドバイ

ドバイ

小さな村から国際都市へ かつて小さな漁村であったドバイ。現在では世界でも有数の国際的かつ革新的な都市へと変貌を遂げました。 紀元前 3000 年まで歴史を遡り、1960 年代後半に石油が発見されるまで、ドバイは、漁業、真珠の採取、造船、海上貿易が主な産業でした。 1971 年、ドバイは近隣の首長国と共にアラブ首長国連邦を形成し、地域の繁栄を維持しています。
続きを読む
Cottage

Cottage

Special gastronomic offer in an exceptional environment
続きを読む
アントワープ

アントワープ

アントワープは、活気のある比較的小さな都市で、誰もが楽しめる町です。印象的な建築や素敵な博物館に恵まれたアントワープは、インスピレーションを与える文化の源です。世界中に知られているアントワープのファッションデザイナーは、ショッピングに目がある人をスタイリッシュなデザインで魅了します。さらに、様々居心地のよいカフェやレストランではグルメが楽しめます。アントワープで見逃してはならないのがMAS美術館、世界的に有名な聖母大聖堂そしてアントワープ出身の有名な画家ルーベンスの家です.
続きを読む
Places4You Thingstätte

Places4You Thingstätte

Thingstätte
続きを読む
バイロンベイ

バイロンベイ

世界遺産の緑豊かな内陸部から海岸の光り輝くビーチまで、このバイロン・ベイ・エリアにはニュー・サウス・ウェールズ北部の海岸の大自然の驚きに満ちています。 原住民はアボリジニーのアラクワル人で、バイロン・ベイを「Cavvanbah (ミーティング プレース)」と呼んでいます。 このエリアはサーフィン、オールタナティブ哲学、有機食品、アウトドア アドベンチャーのカルチャーでも有名です。 バイロン・ベイの大自然の魅力は尽きることがありません。ザトウクジラが岬の彼方を泳ぎ、イルカたちが湾内で戯れ、熱帯雨が山に虹をかけ、上昇気流に乗ってハンググライダーが灯台の上を飛んでいます。 ここはあらゆる階層の人々が集う場所で、バイロン・ベイの活力の源となっています。
続きを読む
ブルーマウンテンズ

ブルーマウンテンズ

ブルー・マウンテンズの名前は、この世界遺産地区の広大なユーカリの森が生み出す天然の青い霞に由来しています。 木からこぼれ落ちる小さなオイルが、水蒸気と日光と混じり、鮮やかな色彩を放ちます。 新鮮な山の空気と、美しい風景、魅力的な村々、世界最古の洞窟群、そしてスリル満点の冒険を、シドニー近郊のブルー・マウンテンズで満喫してください。 マウント・トマーのブルー・マウンテンズ植物園 (Blue Mountains Botanic Garden) では、恐竜の木も見ることができます。 これは、オーストラリアならではの大自然の不思議です。
続きを読む
ドバイ ・モール
ドバイ, アラブ首長国連邦

ドバイ ・モール

世界有数の人気スポットであるドバイ ・モールを散策しましょう。 バージュ ・カリファのすぐ下にあるショッピングモールには、1,200 軒以上のショップ、レストラン (一部店舗ではドバイ ・ファウンテンの景色を眺められます)、屋内水族館、スパ、さらにはスケートリンクまで併設されています。 ファッションが大好きな方には、ブティックが並ぶ増設フロアや、品揃えが圧巻のレベル シューズがおすすめ。お子様向けの施設としては、リールシネマやキッザニア、VR パークがあります。
続きを読む
ハンターバレー

ハンターバレー

オーストラリア最古のワイン産地は、美しい土地でもあります。 ハンター・バレー (Hunter Valley) では、上質のワインやグルメ料理を味わったり、美しい宿泊施設でくつろいだり、楽しいイベントに参加したりと、心ゆくまで休暇を満喫できます。 オーストラリアで最も訪問者の多いワイン生産地であり、トップクラスのワイナリー、ヴィンヤード、セラー・ドアの数は 150 にのぼります。 ワイン・テイスティングを楽しむにしても、デイ・スパでくつろぐにしても、選手権クラスのゴルフ・コースでティー・オフするにしても、Hunter Valley の温かいおもてなしを思う存分に堪能してください。
続きを読む
ドバイ ・クリーク
ドバイ, アラブ首長国連邦

ドバイ ・クリーク

まばゆいばかりの高層ビルで有名なドバイ。ただし、実際に街の中心を成しているのはクリークであり、将来もそれは変わらないでしょう。 元々はバニ ヤス族が河口に定住したと言われており、その水域はかつてドバイ経済の中心であった産業、 真珠採取と漁業に欠かせないものでした。 この地域には、ドバイ博物館、シンダガ博物館、クリーク沿いの商業地区であるアルシーフのほか、迷路のような路地に、ゴールド、スパイス、テキスタイルのスーク (市場) があります。 クリークでは、伝統的な渡し舟アブラに乗るのをお忘れなく (乗船料は 1 回 1 ディルハム)。お手頃な値段で気軽に観光体験ができます。
続きを読む
文化科学宮殿
ワルシャ, ポーランド共和国

文化科学宮殿

首都のランドマークで一番高い建物はソビエト連邦からの贈り物。街のほとんどの場所から見える宮殿は、パリのエッフェル塔と同じ役を持ちワルシャワの絶好な目印です。必ず30階のフロアに上がり,114mの高さからワルシャワの全景を見わたしましょう。宮殿の中には劇場、映画館、博物館、人気なバーと観光案内本部があります。
続きを読む
マーイェル・ヴァン・デン・ベルヒ博物館
アントワープ, ベルギー王国

マーイェル・ヴァン・デン・ベルヒ博物館

1900年以前に、Fritz Mayer van den Bergh(フリツ・マーイェル・ヴァン・デン・ベルヒ)という情熱的なコレクターは壮大なアートコレクションを作りました。著名画家ピーター・ブリューゲルの絵画を安く買い、中世の美しい彫刻を博物館が買う前に購入し、全てのジャンルの傑作を手中にしました。若くして亡くなった息子のために、母親が彼の夢を実現させました。彼のコレクションだけを展示する博物館です。マーイェル・ヴァン・デン・ベルヒ博物館は今日も、当時の状態を保っています。ひとりの男性と…その母親の博物館。‘Great smaller museums of Europe’(ヨーロッパの素晴らしい小さな博物館)というガイドブックにも紹介されました。
続きを読む