最高のトラベルガイド アントワープ
Provided by: Woodmonkey
セクション 所在地 アントワープ
見どころ&遊びどころ
このような贅沢な歴史に培われたアントワープは、モダンな大都市としての側面も見せます。過去の豊かな歴史を物語る数多くの歴史的建造物を尊重する一方で、な建築にも力を入れています。例えば、新裁判所やMAS美物館、そして有名な建築家ザハ•ハディドが設計した今後建設の港ハウスがそうです。アントワープ・シックスは、アントワープがファッション業界や美術業界に強い影響力を持つことを証明しています。その影響は、特に町の中心部と南部で顕著に見られます。アントワープは、国際都市でありながら、社交的で住みやすい都市を目指しています。

MAS美術館美

MASという美術館は、その名前「河沿いの美術館」の通り、町と港が接する場所に建っています。大胆な建築による60メートルの塔は、アントワープの新しいランドマークです。MASは、この町の多様性に焦点当てて、過去および現在の文化の様々な接点を見せてくれます。美術館のコレクションは、町、港および世界の歴史を物語っています。
Read more

聖母大聖堂

169年前(1352〜1521年)に建てられた高さ123メートルの大聖堂が、アントワープにそびえ立っています。当時のオランダ王国において、最大なゴシック様式の建造物となりました。大聖堂は、ルーベンスの絵画を含む様々な芸術作品を保有する巨大な貯蔵庫でもあります。20年をかけた改修工事を経て、7つの側廊のある素晴らしい教会を再び堪能できるようになりました。ハイライトは、何といってもルーベンスの「キリストの昇架」と「キリストの降架」です。大聖堂を訪れずして、アントワープは語れません。
Read more

マーイェル・ヴァン・デン・ベルヒ博物館

1900年以前に、Fritz Mayer van den Bergh(フリツ・マーイェル・ヴァン・デン・ベルヒ)という情熱的なコレクターは壮大なアートコレクションを作りました。著名画家ピーター・ブリューゲルの絵画を安く買い、中世の美しい彫刻を博物館が買う前に購入し、全てのジャンルの傑作を手中にしました。若くして亡くなった息子のために、母親が彼の夢を実現させました。彼のコレクションだけを展示する博物館です。マーイェル・ヴァン・デン・ベルヒ博物館は今日も、当時の状態を保っています。ひとりの男性と…その母親の博物館。‘Great smaller museums of Europe’(ヨーロッパの素晴らしい小さな博物館)というガイドブックにも紹介されました。
Read more

レッド・スター・ライン

レッドスター・ラインという船会社は、1873年から1935年にかけて、アントワープからアメリカやカナダへおよそ300万人を運びました。レッドスター・ライン社の建物は、今も残っています。同社の古い倉庫は現在、記念館と博物館に改装中です。移民について、新しい見方で過去を振り返ることができる場所となるでしょう。博物館は、2013年9月にオープンします。
Read more

ルーベンスの家

アルプス以北最大のバロック様式アーティストの生活に足を踏み入れてみてください。ピーテル・パウル・ルーベンスは、この豪華な装飾に囲まれて家族と25年間程住んでいました。そして、彼の作品の多くがここで製作されました。数多くの来賓を招き、優美な美術室には見事なアートコレクションを保管していました。美しい庭園、伝説的なアトリエ、そして素晴らしいアートコレクションは、世界中から訪れる数十万人の観光客を魅了します。
Read more

プランタンモレトゥス博物館

このユニークな博物館は、15世紀から18世紀にかけての印刷技術の概要を紹介します。設備の整った印刷所には、1600年頃の世界最古の印刷機があります。また風格のある邸宅には、タペストリー、ゴールドレザー、(ルーベンスの作品を含む)絵画、彫刻、陶器や磁器で装飾された客室があります。2005年には、世界で唯一の貴重な博物館としてに登録されました。
Read more

アントワープ現代美術館

アントワープ現代美術館るいは、自らのコレクションの展示と特別展覧会を催す国際的美術館です。美術館は、南部(Het zuid)と呼ばれるアントワープ市内で芸術的に最も活気溢れるにあります。南部は、ギャラリーやカフェなどが混在する所で。不定期に開かれるコレクションの展示と年4回の主要プロジェクト以外に、講演会、コンサート、討論会、ガイド付きツアー、ミュージアムトークや美術館ブレックファーストが行われます。
Read more

FOMU | Fotomuseum

写真がお好きでか、または(アマチュア)写真家でしょうか? 是非FoMu(写真博物館)を訪れ、写真撮影の魅惑的な世界に没頭してください。博物館の常設展では写真の歴史を紹介し、特別展示会では、ベルギー人写真家や世界的に有名な写真家の作品を展示します。2013年には、Weegee(ウィージー)、Ruud Van Empel(リュート・ヴァン・エンペル)またRob Hornstra(ロブ・ホルンストラ)等の作品を鑑賞することができます。
Read more

Maagdenhuismuseum

Maagdenhuis(マーヒデンハウス)は隠れた逸品です。この歴史的な16世紀の建物では、OCMW(社会福祉公共センター)の驚異的なアートコレクションを鑑賞することができます。Rubens(ルーベンス)、Van Dyck(ヴァン•ダイク)とJordaens(ヨルダーンス)の絵画や15世紀から18世紀までの美しい彫刻と家具を見ることができます。Maagdenhuisはかつて女子のための孤児院(名前はそれに由来します)で、したがって、コレクションの多くこの時代のものとなっています。
Read more

Middelheimmuseum

Middelheimmuseum(ミデルハイム博物館)はアントワープのユニークな場所です。美しい公園並びに印象的なアートコレクションと展示会のユニークな組み合わせです。Middelheimmuseumで紹介されているビッグネームは次の通りです:Auguste Rodin(オーギュスト•ロダン)、Rik Wouters(リック・ウーターズ)、Ai Weiwei(アイ•ウェイウェイ)、Erwin Wurm(アーウィン・ワーム)。完全に改装された城 は- レセプション、カフェ、ミュージアムショップ付き –この野外博物館の心臓部です。来館者をいつも驚かせてくれます!
Read more

Museum Vleeshuis

Museum Vleeshuis(ヴレースハウス博物館)は、600年間のアントワープにおける音と音楽を物語っています。ストリートミュージシャン、トランペットやカリヨン奏者の感動的な歴史を発見してみてください。アントワープオペラ、楽器作り、家庭音楽とダンスは幅広く説明されています。古典的な楽器博物館ではなく、音楽の背後にある世界への鮮やかな旅が期待できます!
Read more

Sint-Andrieskerk

今人気となっているアントワープのファッション地区の中心部であるSint-Andrieswijk(シント・アンドリュース地区)に、アウグスティノ修道会の神父が16世紀初頭に聖アンドリュー教会を建てました。内部には、スコットランド女王Mary Stuart(メアリー•スチュアード)の記念碑など十七世紀の美しいバロック様式の祭壇や作品を見ることができます。十九世紀の説教壇は、必見です。
Read more
地図で表示