著作者 DTCM
博物館

博物館

ドバイの起源、伝統、文化を知りたいなら、市内にたくさんある博物館を訪ねてみましょう。 紀元前 3 千年紀の出土物が並ぶドバイ博物館で、過去をさかのぼる旅へ。 油田が発見される前の文化的慣習やデーツ栽培、真珠採り、その他の日常生活について紹介した展示もあります。 鉄器時代の謎を解き明かすサルク・アル・ハディドや、アラブ首長国連邦の現代史を紹介するエティハド博物館といった新しい博物館も必見です。
続きを読む
アート ギャラリー

アート ギャラリー

ドバイで中東の現代アート シーンに触れましょう。DIFC、アルサーカル アベニュー、d3 (ドバイデザイン地区) などのギャラリーでは年間を通じて斬新な展覧会が開催されています。 3 月と 4 月には、現代アート展アート ドバイやアーティスト主導のシッカ・アート・フェアが開催され、世界屈指のクリエイター、ギャラリー オーナー、エキスパートが集まります。
続きを読む
ドバイ ・オペラ

ドバイ ・オペラ

名建築と言われるドバイ ・オペラ。 近未来的なダウ船のような形をした建物では、世界最高峰のオペラ、バレエ、演劇、クラシック音楽を鑑賞できます。 デンマークの建築家ヤヌス・ロストックの設計による建物は、2000 人を収容できる市内初の世界レベルの文化施設。ミュージカル、現代的コンサート、古典的なオペラなどが、ドバイを象徴するバージュ ・カリファの足元で披露されます。
続きを読む
スーク

スーク

贅沢なジュエリーに手織りの生地、フレグランス、お買い得な雑貨が並ぶ、アラビアのマーケット、スーク。 繁栄した現代都市として知られるドバイですが、スークは何世紀もの間、日常生活と貿易の中心となってきました。 伝統文化に浸りたいなら、バール ドバイやデイラにある金、香辛料、香水、織物のスークへ。現代的なマーケットが好みの方には、スーク・マディナ・ジュメイラやスーク・アル・バハールがおすすめです。
続きを読む
歴史地区

歴史地区

高層ビルの並ぶ市街地を抜け出し、アル ファヒディ歴史地区で過去へとタイムスリップ。 趣のあるこのエリアは、1900 年代初頭に建てられた市内で最も古い建物が残る地区。 伝統的なウィンド タワー、賑やかな中庭、曲がりくねった迷路のような路地など、昔のドバイを垣間見ることができます。 ドバイ博物館があるのもこの地区。いくつものユニークなスークでショッピングも楽しめます。
続きを読む
国家遺産

国家遺産

いかにも現代的な都市ドバイですが、その根底に受け継がれているのはエミラティの伝統。 複雑なアラビアのデザインを取り入れた建物、ダウ船が行き交うビーチサイド、デーツとコーヒーでゲストを迎える習慣など、豊かな過去の証は街のそこかしこに残っています。 最初にこの地域に住んだ遊牧民のベドウィンから、真珠採りを生業とした水辺の漁村にいたるまで、各時代のドバイに思いを馳せつつ、最後は現代ドバイの驚くべき発展を目に焼きつけましょう。
続きを読む
アル シーフ地区

アル シーフ地区

ドバイ ・クリークの近くに位置するアル シーフは、ドバイの遺産地区の中ではニュー フェイス。 美しい伝統と現代的なデザインの見事な調和は、街の誇らしい過去と明るい未来が生み出す相乗効果をよく表しています。 歩きやすいアル ファヒディ歴史地区の文化的スポットを見て回った後は、ぜひアル シーフに立ち寄って。雰囲気のいい歩道や設備の整ったマリーナ、レストラン街などを散策しましょう。
続きを読む
ラ ペール

ラ ペール

クリエイティブ ディレクターのフランコ・ドラゴンの企画による、ドバイ初の常設ショーを世界トップクラスの会場で開催しています。 ラ ペールは、ドバイの雰囲気と見事な 860㎡ の「アクア ステージ」を組み合わせたショー。 各公演で 270 万リットルの水が使用される特設シアターは、ショーのコンセプトに沿って造られています。 滝のように流れ落ちる水、高速アクロバット、25m の高さからの水中ダイブ、幻想的な雰囲気。ドバイの賑わいを表現したかのようなショーには、そのすべてが揃っています。
続きを読む
モスク

モスク

ドバイの美しいジュメイラ モスクを訪ねましょう。週に 6 日間、イスラム教徒以外の訪問者を受け入れている唯一のモスクです。 シェイク モハメッド文化理解センターが主催するツアーに参加して、開放的でくつろいだ雰囲気の中で UAE の文化について学びましょう。 モスクは夕暮れにライトアップされると、繊細な技巧や真の美しさが際立ちます。 女性は入場時に肌の露出を控えた服装をし、スカーフを着用することが求められます。
続きを読む
カルチャー & アートを地図で表示